できるだけ節約したい!ペット葬儀をリーズナブルに実施するコツを大公開

大切なペットが亡くなったら、最後の別れをしっかりしたいものです。
しかし、葬儀の費用が意外とかかることに驚く人も多いのではないでしょうか。
このサイトでは、ペット葬儀を節約してリーズナブルに実施するコツをご紹介します。
そのコツは、葬儀は自宅で実施し、火葬のみ葬儀会社で実施する方法です。
全てを葬儀会社で行うと費用が高くなりがちです。
なるべく自分自身で行うことで、葬儀費用をリーズナブルにすることができます。

できるだけ節約したい!ペット葬儀をリーズナブルに実施するコツを大公開

ペット葬儀を実施する方法は二通りあります。
一つは斎場で行う方法、もう一つは自宅で行う方法です。
ペット葬儀の費用を節約したいのなら、自宅で行うのがおすすめです。
自宅で全て自分で葬儀をすればかなり費用が抑えることができます。
そして、火葬のみ葬儀会社に依頼するのが良いでしょう。
火葬方法にもいくつか種類があり、その中でも合同火葬なら費用を節約することができます。
葬儀と火葬をセットで行うと高くなりがちですが、葬儀は自宅で、葬儀会社で合同火葬のみ行えば、1~2万円程度で実施することができるでしょう。

ペット葬儀でやることを最初にリストアップ

ペット葬儀をおこなう時には、まず最初の段階でやることがいくつかあります。
ここでは、こうした最初にやるべきことについて、順番にリストアップしていきます。
ペットが亡くなった時には、ペット葬儀を依頼するよりも前にするべきことが、いくつかあります。
ペットの姿勢を正しい姿勢に直してあげることも、飼い主が一番初めにしなければいけないことです。
姿勢を直すことを一番初めにしなければいけないのは、時間が経過してしまうと、ペットの体が死後硬直を始めてしまうからです。
死後硬直が始まるまでの時間は、季節や室内の気温によっても違いがあります。
ですが、一般的には死亡してから2時間程度が経過すれば死後硬直が始まることが多いので、それまでにペットの姿勢を直しておいた方が良いでしょう。
手足を丸めるように姿勢を直せば、棺に入れる時にも入れやすくなります。
亡くなったペットの遺体をきれいに拭いてあげることも必要で、腐らないように冷やして保存することも必要です。

保健所で行われる合同のペット葬儀

ペットが亡くなったら、その後ペット葬儀の事を考えなければなりません。
しかしいざその時になるとどのように動いて良いのか、ペット葬儀はどのようなものがあるのかわからない方も多いでしょう。
私たち人間が亡くなると、各自治体で死亡届を提出することで火葬許可証を受け取ることができ、葬儀をして故人を悼みます。
ところが、ペットの場合は私たち飼い主の所有物として扱われるため、法的には火葬しなければならないという義務はありません。
ただし同じ家族として暮らしてきた大切なペットを供養するためにも火葬した方が望ましいという方も多いでしょう。
ペットは、民間のペット霊園などに依頼して火葬してもらう方法もありますが、死亡届を提出する保健所で火葬して頂く事も出来ます。
ペットの遺体を引き取ってもらい、ほとんどのケースで合同火葬が行われます。
個別ではなく他のペットと一緒に火葬されることになるため、収骨という概念はなく、遺骨が返ってくることはありません。
また、基本的に保健所で火葬する場合は衛生上の処分として扱われるため、小動物専用に作られた焼却炉で実施されます。
ペットの大きさにもよりますし、施設にもよりますが1000円から、そして高い施設では10000円近くかかるところもあります。

ペット葬儀の業者が設定する一般的な料金体系

ペット葬儀となると、考えなくてはいけないのは業者選びですが、設定される料金体系についても考慮しなくてはいけないのではないでしょうか。
ペット葬儀の業者が設定する料金体系は、一般的に引き取りと車によるお別れ、霊園での供養に分けられます。
引き取りは文字通り出張して引き取ってもらう方法で、最も安く済むことが多いです。
車によるお別れとは火葬車を使うもので、その場で火葬してお別れできるのが特徴です。
霊園はペットと一緒に出向いてお別れして、後の管理をおまかせするという内容です。
プランはこのように主に3種類ですが、具体的な金額はペットの大きさや体重などで決まります。
100g程度の小動物を始めとして、うさぎやフェレットサイズに小型犬や中型犬、大型犬といった区分で単価が設けられています。
更に大きな超大型犬に対応するかはケースバイケースですが、他にも骨壷が選べたりオプションがつけられるなど、ペット葬儀も人間同様に料金プランだけでなく選択肢が豊富だといえるのではないでしょうか。

動物の種類ごとに異なるペット葬儀の相場

ペット葬儀は犬や猫の利用が多く、料金表はこれらの動物の金額が主ですが、他の動物を飼っている人たちもいくらかかるか気になるのではないでしょうか。
ペット葬儀の相場は火葬する動物の大きさによって決まる傾向で、種類というよりも大きさや重さで金額が確定する料金体系が用いられていることが多いです。
目安としては10kgあたりの金額が3万円前後といったところで、小動物だと1万円を切る場合もあります。
猫やうさぎくらいの大きさだと2万円、中型犬や大型犬のサイズとなると4万円を超えます。
超大型犬ともなると持ち上げたり運ぶだけでも大変ですから、5万円には収まらず、6万円台や7万円になることも珍しくないです。
これらの金額はあくまでも火葬のみの費用で、引き取りによる合同供養や個別火葬、家族の立ち会いによっても違ってきます。
訪問と霊園によるペット葬儀でも金額は違ってきますし、一般的には訪問の方が安い傾向ですから、ペット葬儀の負担を軽くしたいなら訪問火葬の選択が無難ではないでしょうか。

ペット葬儀に関する情報サイト
ペット葬儀の費用

大切なペットが亡くなったら、最後の別れをしっかりしたいものです。しかし、葬儀の費用が意外とかかることに驚く人も多いのではないでしょうか。このサイトでは、ペット葬儀を節約してリーズナブルに実施するコツをご紹介します。そのコツは、葬儀は自宅で実施し、火葬のみ葬儀会社で実施する方法です。全てを葬儀会社で行うと費用が高くなりがちです。なるべく自分自身で行うことで、葬儀費用をリーズナブルにすることができます。

Search